« サドル | トップページ | コミケ終了 »

2012年8月11日 (土)

轟天号を追いかけて

伊那市駅開業100年記念のイベントの一環として、「究極超人あ~るOVA版」の1シーン、田切駅から伊那市駅までの約15kmを自転車で1時間以内に走破するというイベントが行われました。

http://www.shinmai.co.jp/news/20120729/KT120728SJI090009000.php

信濃新聞の記事にもなりました。
なにげに右側に写っちゃってますが(^^;

究極超人あ~るのOVAは結構好きで何度も見てましたねー
出発前に予習を兼ねてまた見たけど、やっぱりおもしろい。
前に飯田線に豊橋から岡谷まで乗った時も、田切あたりで脳内再生余裕でした。

今回は申し込み人数が50人定員だったんですが、応募人数が少しオーバーしてしまった。しかし、主催のアバウトなはからいで全員OKということで、ここらへんの緩さがあ~るのイベントにふさわしかった。
レースでもないし、タイムも計らないので、こんなものでいいのでしょうけど(笑

18切符で行くか車で行くか悩んだんですが、時間的な都合もあって車で行く事に。

中央道を南諏訪で降りてから、R152で杖突峠を超えて伊那へ向かいます。
なにげに割りとキツイ峠で、これ自転車だと大変だろうなあと思いながら走った。でも多分これは伊那側から諏訪に向かう方が多分キツイんじゃないかな。とにかく距離がある。

伊那市役所で駐車して、自転車を組立ていざ出発。
結構時間がおしてたので、急ぎ目に。
途中相方が軽く体調を崩しかけたのでセブンイレブンで補給。熱疲労っぽい。
麦茶を飲んでいたので、ナトリウム不足に陥ったのかもしれない。車内での直射日光に当たりまくってたのも原因の一つだったのかも。
スポドリとか塩系のナニカで復調。
夏の走行時はほんとにスポドリ一択だなあ。

Sdsc00521

Sdsc00512
田切駅につくと、すでに結構な人でが。
これだけの人が集まると、さすがに地域住民的には何事だろうと思われただろうなあ(笑
あ~るのコスプレをした人もちらほら。でも基本的に作品が作品なので平均年齢は少しお高めな感じです(笑 ああ、自分も平均年齢あげてますかそうですか。
伊豆大島であ~る連載開始のサンデーを読んだのを思い出す。

グループごとの出走で、その都度参加者から万歳で見送られる。
傍から見たら異様な光景であったろう。しかし、アニメや漫画の人を集める力は凄いもんだなあ。
でも万歳で見送られるのはやっぱりこっ恥ずかしい。

そういえば、チンガード付きのヘルメット、パラシュートを着用してる方が居て、じっくり見させてもらった。思った以上に頑丈な作りでこりゃ顔面からいっても多少はいいかもと。
ロードだとカッコ悪いでしょと照れくさそうに言っていたが、いやいやとんでもない。
ロードだからとかなんとかは関係ない。手に入れやすければ使いたい程です。
顔面から路上に突っ込んでウボァーってなるのはイヤですからね。
OGKあたりが出してくれないかなと思うけど、需要は低そう。
「ロードだから」というイメージが強くて売れなさそうだし・・・ロードだからこそとは思うけど、重さもデザインも選ぶのに重要な要素であることは間違いないので、安全だからなんでもかんでもつけたほうがいいというのもまた違うしね。
ほんとにやる気ならMTBのDHライダーばりの格好で(笑
でもオリラジ中田は、結構なプロテクターつけて乗ってた。これをロードで乗ってるかどうかは知らんですが(^^;

とまあ、それはいいとして。
無難に国道を伊那市へ向けて疾走。
しかし、なんだか妙にリズムのある振動が伝わってくる。路面が悪いのかと思ってたけど、どこ走ってもなるので、なんかおかしいぞと思いタイヤをチェックすると・・・

Sdsc00536 な、なんじゃこりゃー!

カーカスが切れて変な事になっているようです。
PRO3は劣化しすぎ・・・こうならなくてもゴムはもうひび割れまくりだし。
3000㎞くらいしか乗ってないのに。屋内保存してても駄目なときは駄目か。
性能はどうあれ、耐久性としては初代LITHIONの1/3も無いかも。

もういつバーストかパンクしてもおかしくない状況で15㎞を1時間・・・これは厳しいか。
とりあえず速度を出せないので、相方や他の参加者にはガンガン追いぬかれて、一人しょんぼりとたらたら走る。景色を楽しむ余裕はあんまりなかったけど、伊那市役所から田切駅までのルートの逆なので最初に楽しんだからいいや(´∀`;)

それでも結構余裕もって伊那市駅に到着ー!
もうすでについてる人も多かった。

Sdsc00538駅前広場というかロータリー
ちょっと・・・寂しいです(´・ω・`)
駅前のパチ屋が閉店してるおかげで、かなりサビレンジャー・・・

当日その場では撮らなかったけど

Sdsc07909 芸コマな17:59:59秒スタンプ(笑
しかし、見てる当時思ったけど、あのスタンプには時計が内蔵されてたのかな(笑

その後は場所を移して閉会式。
町の真ん中の広場で、走り終えた方々が集まる様は壮観。田切駅とは違った何事感が。

Sdsc00580 閉会式最後の万歳三唱。
なんでも伊那は万歳が好きなのだとか(笑

Sdsc00553 おかゆライスを持参した参加者の方が(笑
一ついただきました。ご飯好きなんでこれでも余裕でおいしく食えました。米のうまさを体感するのに良い食い方だと思います。マジで。

Dsc00573 あ~るくんが危ないカメラを構えてました。みんな逃げろ!

Sdsc00555 ANCHORのレーシングレッドがいたので一緒に写真。機種は違うけど同じカラーだ!そして同じカラーの自転車と2ショットしたのは初めてだ。
この方の自転車は随分と使い込まれてる感。道具冥利に尽きる。

マシントラブル(?)で疾走感はなかったけど楽しいイベントだった。
タイムも順位も無し。アニメと同じコース(ではないけど)を辿るというリアルイベントの一体感。

閉会式あとは、近くの食堂でソースカツ丼とロー麺を。

Sdsc00584
Sdsc00583_2 ロー麺も美味しかったけど、ソースカツ丼は肉も厚くてカリっとしてて非常に美味しかった!
今までの運転と走行の疲れも癒される。

帰りは高速諏訪SAで温泉に。えらい気持ちのいい温泉で、かなり疲れ取れた。

こういったゆるい自転車イベントはたのしい。またどこかでやって欲しい。

|

« サドル | トップページ | コミケ終了 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でございました。METのパラシュートかぶってた伊那市の者です。
そうそう、顔面制動考えてしまうと、公道走るときはチンガード付が絶対安心ですよね。

重さは特には気にならないです。水飲みにくいのが辛い処ですが、停まって飲めばNO問題。

皆様に喜んでいただけて、イベント主催した側としては本当に良かったです。
次回?あるかどうか保証できませんが、やるからには光画部らしい、気楽ーな、でも今年以上の楽しいことをやりたいですね。

どうぞ宜しく。

投稿: R・伊那市創造館 | 2012年8月12日 (日) 11時23分

どうもです!
見せていただいて参考になりました。
確かに水は飲みにくいかもですが、なんとかなりそうな気がしないでも無かったですし、難なら止まって飲めばいいだけでもすものね。
あれだけスピードが出る乗り物だから、手軽に入手出来るなら本当にしたいものです。

楽しいイベントをありがとうございました。
今度は田切から伊那まで峠ルートを走るイベントとか(笑

投稿: じんざ | 2012年8月14日 (火) 09時59分

この記事へのコメントは終了しました。

« サドル | トップページ | コミケ終了 »