« レビュー:コーナン サイクルグローブ | トップページ | SPECIALIZED PAVE »

2012年7月25日 (水)

箱根旧道

ただ単純に旧道が登りたくていってきました。
自宅から戸塚まではめんどいので小田急で輪行。

R134は平塚手前あたり早いとこ工事終わらせて欲しいなあ・・・あのファミマを潰してまで作る意味あるのかしらんと思うけど。そーいやファミマは上り車線の方に出来ましたな。下りのほうがオアシス的でよかったのに・・・

酒匂川の手前の松屋で塩豚カルビ丼を食う。
これはうまい・・!

もう何度目だ箱根って感じなので今更細々書く事はないんだけど、今回は三枚橋のあたりで相方の自転車のハンドルが勝手に左に切れたらしいので、しょうがなく旧道へ。勝手に左に切れちゃったのならしょうがないよなあ・・・(´ω`)

というわけで旧道突入。
今回は相方を先行させて自分は真後ろにピッタリつく感じで。
上りで速度ほとんど出ないので、近接してても2秒の差が。
ペースは遅めですが、遅く走るから駄目ということは全くなくて、速度域によって得る事が非常に多い。速ければ速い、遅ければ遅いで、得る物は全く違うけどその大きさは計り知れない。
今回は脚の使い方をじっくりと観察する感じで、常に脚に意識を集中して、どのあたりに脚がきたときにどう力を入れるべきかを身体と対話しながらやってみた。
その中で、ちょっとした事があった。
今使ってるペダルは、なぜか踏み込む時にキュッと音がする。しかも右足だけ。
この音が結構煩わしくて、イヤだなあと思いつつ回してたら、ある回し方をすると音が消える。
その回し方をするように心がけてると鳴らないんだけど、油断すると鳴り出す。
鳴らないようにしているときの脚の動きが、ちゃんと12時ちょいすぎあたりの方向で前成分と下成分のパワーをかけるようにしてる時なので、ああ、ちゃんと下方向に踏み降ろすってこういう事なんだなあと思いながら回してた。思わぬ怪我の功名だった。とはいえ、鳴るのはやっぱりペダルのケージのへたりとかそんな感じだから、ペダルをA620に交換したい。

速度も低めだからかもしれないけど、今回は39*24で全部いけました。昔はゆっくりでも39*27じゃないとしんどい思いをしたもんですが、随分よくなったものだとしみじみ・・・

畑宿の交差点で芦ノ湖に折りずに即引き返し(笑
何しにきたんだと問われたら、「上りに来たんだ」と即答しようじゃないか。

しかし、旧道はまったり登れていい。国道1号の方は車も多いし空気もよくないし、やっぱり旧道が一番おもしろいなー

|

« レビュー:コーナン サイクルグローブ | トップページ | SPECIALIZED PAVE »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。