« 補給食 | トップページ | 再度、ホイールバランスを取る。 »

2012年6月 4日 (月)

神奈川県丹沢:大野山

今更ですが、ちょっと前にいつも友人達(CさんとSさん)と神奈川の丹沢のほうにある大野山というところへいってきた。
国道246沿いに大野山への入り口があるので、まずはいつも通り国道1号の神奈川の真ん中あたりで待ち合わせてから出走。

Sdsc09401
相模川のCR(なのかな?)を延々北上。
この日はちょっと天気的に怪しい気配だったんだけど、まあ持つだろって感じで進行。
山北あたりで猛烈に空腹になってきて、ありゃー今回は減るの早いなと思いつつコンビニを探すものの見当たらず。これじゃ持たないって事で、少し戻って246沿いのコンビニで補給。うまうま。
しかし、これが結構罠だった。空腹は収まったものの、どうもガツガツ食ったせいで咀嚼を疎かにしたせいか、なんか微妙に足が回らなくなってきた(´∀`;)

Sdsc09403
大野山入り口へ到着。
初めて登るトコなんで、どういう勾配がどれくらい続くのかさっぱりわからんちんでしたが、こういう時は温存するよりも途中でバテようと行ったほうがいい。少なくとも暗峠よりはキツくないだろう(笑 (あそこを比較に出すのが間違ってるか。あれは峠じゃなくてゆるい法面みたいなものだから(´∀`;))
てなわけでスタート・・・
が、初っ端でもう友人らにあっという間に置いていかれる(笑
いやもう、壮絶に足が回らなくて、パワーも全然出せなくて、こりゃさっきの補給の仕方かタイミングがまずかったのかなと。そもそも食ってからまだ10分くらいしか経ってないから、エネルギーも十分に吸収されてないだけだったのかな。あとガツガツ良く噛まないで食ったから、胃に負担をかけたか・・・・良く噛むには平常心も必要だった(´∀`;)
もう本当にキツかった。勾配は比較的キツイ部類の坂道ですが、これくらいの所は良く行くので、坂に対してウゲェーって事は全くないんだけど、とにかく足が回らないので、それこそ途中で足をついてしまう程。パワー不足というか身体調子が良くないって怖い。

もうみんな上行っちゃっただろうなーと思ってたら、かなり先行してたはずのCさんが後ろから走ってきた。

「え!?まさかの二周目」
撃ち返してくるのか?
ていうか、なんで後ろから。とっくに先に行ってたんじゃ・・・

「道間違えたw」

ズコー!

確かに初見でうろ覚えだと確かに間違いやすいかもしれない。

そんなんでもあっけなく抜かされる情けなさよ・・・トホホ。

段々景色が開けてきて、ようやく大野山頂上近くへ到達。そこで全員合流してから、最後の坂で頂上へ。
Sdsc09408
最後の坂が地味に激坂で、なぜか今までの苦労が嘘のように、グングン登っていける。
普通の坂より激坂の方が登りやすいってなんなんだ(^^;

Sdsc09414
大野山頂上ー

本来なら綺麗に富士山が見えるみたいだけど、あいにくとこの日は曇天で景色はあまり見られず。

Sdsc09415 牧場の施設っぽいけど、売ってる牛乳がどっかほかの地域の・・・
直売して(´∀`;)

だがしかし、今日はまだこれから先がある。
下ってから次に目指すのは足柄の方の山。
今回は自分発案のルートではないので、それほどコース覚えてないのでどこらへんって言える程細かくは覚えてないけど、渋沢とか松田の方に抜ける山道を行くらしい。

Sdsc09424
と向かってたら、いきなり雲行きが怪しくなってきて、大粒の雨が降りだしてきた。
かろうじて高速道路の高架下で雨宿りが出来たけど、空は本当に鉛色になってきて、土砂降りになるわ雷が落ちるわで、どうにも身動きが取れない。
でも、天気が悪くなるのも早かったけど良くなるのも早かったんで、頃合いを見て大丈夫そうだと判断して出発。
が、すぐに道を間違えてしまったらしい(笑
でも間違えた道が結構な坂で楽しかった。やっぱり勾配がキツイ程燃えるなあ。
道路が悪くて落ち葉やコケがあったりして、たまにトラクションがスカっと抜けるのが怖かった。でもその頃になるとエネルギーが回復しまくってて、もう坂とか余裕すぎに。

間違えに気づいて引き返してから、本来のコースらしい所に復帰。ここもまた周囲が林で、まさに緑の魔境って所だった・・・しかも割りと勾配も大野山レベルでキツイ。
が、しかし! エネルギーもバッチリで、疲労感が消し飛んでいるので、グイグイあがる。さっき置いていかれたのが嘘のような状態・・・脳内麻薬ドバっと出たかな(´∀`;)いつもそうなんだけど、ヒルクライムレースとかでも、ゴールした後が一番力が出てくるって起動遅すぎる(;´д`)

そんなんで、登りも力を抑えつついったので結構余裕はありましたねー
周囲はほんとに木々だらけで、たまに見える建物があるとよくまあこんなところに建物を作る気になったよなあと感心したり・・・何で生計を立ててるのかめちゃ気になったり(;´д`)
上の方に、神奈川唯一の木造分校だかなんだかがあるみたいなので、とりあえずそこへ行く事に。

Sdsc09432
おー木造校舎!
木造校舎は、小中高と経験しているので、懐かしい!
高校で木造校舎経験かよ!じいさんか!?と思われるでしょうけど、違います(´∀`;)昭和と平成の間くらいまで現役で残ってたんですよー

まあそれはいいとして・・・

Sdsc09435
「何があるのかなー?」

窓ガラスがなぜか一枚割れていて、そこから中が見えるようです。
が、窓ガラスの割れ方がヘンです。窓の下に破片が多いってことは、中から割ったんでしょうか?
こういう所でイタズラなら外側から割れば中に破片は散らかると思うんですが・・・・
でも、ここに通ってた生徒も大変だったろうなと思う。山深い所なので。環境は抜群にいいですけど。

Simg_0305
その後は引き返しで松田町の山間の集落あたりへと下る途中に大粒の雨が!
自分とSさんは多少の防寒着があったけど、Cさんは防寒着がペラペラのウインドブレーカー一枚だけだったので、地獄の寒さを味わった様子。めちゃつらそうだった(´∀`;)

Simg_0310
茶畑が広がります。神奈川県の奥地にこんな所が・・・

雨宿りしてても埒があかないので、意を決して246のコンビニのあるところまで出る事に。
冷えきってしまったので足がまた回らなくなってたけど、雨の中の疾走は楽しかった。もう濡れるのとかどうでもよくなってたし(´∀`;)

246のセブンイレブンに到着するころにはすっかり雨もあがってて、気温も上昇してたので気持ちがよかったけど、靴が濡れ濡れで気持ち悪かった。
本来ならこの後も行程があったんですが、雨にも濡れたしなんだりで、今回はここでお開きに。
246を秦野まで戻って、そこで半地元な友人達と別れて一人輪行で帰宅。

今回は自分の体の起動の遅さを知ったツーリングだった。
でも大野山はまた登ってみたい。今度はベストコンディションで。

|

« 補給食 | トップページ | 再度、ホイールバランスを取る。 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。