« オイラー | トップページ | またしてもリヤLEDネタ »

2012年1月15日 (日)

神奈川一周300ラン

もはや一日で楽しめる距離を超える300ランですが、またやろうという計画を実行。
去年から伸び伸びてきたので、ようやく実行という感じですが。

スタートは武蔵小杉。
友人らを待ってる時に、誰かが作ったお好み焼き胃酸入りに鳩が群がってました。
鳩そんなの食って大丈夫なのか・・・・

Sdsc07548最近、SL-100ではなくてタイヤポケットのある輪行袋の方が使い勝手がいい気がしてきた。今回のメンバーの中でそういう輪行袋を使ってる人がいて、見てたら楽そうだった。輪行袋はでかくなるけど、その分手間が減る。うーむ悩ましい。

しかしこの日はめちゃくちゃ寒かった。

府中街道を北上。
途中日差しが真後ろからさして、後続を走ってた人に「うおっ、まぶし」ってな感じで各部につけた再帰反射が威力を発揮していたようだ。そりゃー太陽を光源にしてるからさもあらん。

矢野口から鶴川街道→尾根幹へ。練習な人たちが多くいた。
荷物多めだったから、軽々追い越されたり。荷物なかったらついていけたんだろうか・・(´∀`;)

橋本まで出てから遅めの朝食。タイムテーブルを作成してたんだけど、この時点で30分遅れ。そうそう予定通りにはいきません(笑

途中つま先の感覚が無くなったので靴用カイロを仕込もうと思ったが、5つで498円。たけー!でも小さい貼るカイロが35円だった。安いな・・・
とりあえず足の下じゃなくて甲側にセット。しばらくしてからじんわりと冷たくないという状況にはもっていけました。ありがたや。指先の方は、どうにもならないので気合で頑張ります。

やってきました道志みち。
青木交差点は入り口みたいなもんだと認識。
山中湖につながっているというワクワク感がたまらない。でも神奈川あたりはアップダウン多すぎて割りと序盤と終盤がちょっとしんどい道。

Sdsc07551 道志みちのセブンイレブンの駐車場にて。
手を出したら引っかかれました。めちゃ気が立ってる様子。
前足が少し不自由っぽい。捨てられたネコでしょうか・・・
なんかもうどうにもならなそうだったので、イカンと思いながらセブンイレブンで猫缶買ってあげてしまいました。奪うようにしてもっていった・・・よっぽどお腹が空いてたんだろうと思う。
切ない・・・生き残れるのだろうか。あそこらへん何も無い。
道志みちを通れる人、あるいは近所の人、この猫を見かけたら、どうか・・・

後ろ髪を引かれながら先へ進む。

Sdsc07559道志の定番デイリーストア。
初めて300やったときは、ここの田んぼは実りの時期だったのを覚えている。
道志みちでの景色はのどかでいいなあ。

Sdsc07564 道志みち、道の駅にてご飯。クレソンをねりこんだうどんらしい。
クレソンは清流で育つと言われてるけど、どうも汚れた水でもOKらしい(´∀`;)
所謂雑草みたいに生えてきそうなイメージ。

道志みちの終盤は、勾配がちょっと上昇、気温がぐんぐん下降。
ついにサイコンが1度とかになります。登ってるから体温は下降しないで済んでるけど、実際のところもうキンキンに冷えてます。
駄菓子菓子!だがしかし!
今回はワークマンのインナーとUSパールのバリアジャケット、たまにモンベルぺらぺらのウイブレのみで挑みました。全くOKです。おそるべしワークマンインナーとUSパールのアウター・・・「今日は2枚です」っていったら、友人らに「寒さにガクガクしてないじんざさんはじんざさんじゃない」という感じになった(笑 どんだけ普段ガクガクしてるんだろう。いやガクガクしてますけどね(笑 寒さには弱いんです。はっきりいってプロの寒がりです。
とりあえず、今回のハードな行程で、色々見えてきました。

山中湖から今回は三国峠へ向かいます。

Sdsc07579山中湖が一望です。奥の方には稜線が幾重にも連なってます。これで富士山が雲隠れしてなければ・・でも実に良い景色。
だが、この後は寒冷地獄が待っていようとはこの時だれも予想して・・・いたようないなかったような(笑

Sdsc07600三国峠での気温。
はい、氷点下来ました!
おまけに峠付近は雲が降りて煙ってました。いきなりこんな景色になるとは・・・

Sdsc0760218%・・!?
山中湖側からあがるにはいいけど、静岡側からあがると、ここはとんでもない地獄だ。
もうこの後は路面凍結を警戒しつつ、スピードがでないようにずーっとブレーキレバーを握っていたので、下に降りるまでにはもう指先の感覚がほとんどなくなって、おまけに回さないから寒かった。 もう指先の保温対策はなんとかしないと。

ここを下ってちょっと行った道が、崩落とかで246に抜けられなくなってたので、ちょっと引き返すはめになりました(´∀`;)
Sdsc07603
まあそれほど凄い距離ではないのでいいんですが。
富士スピードウェイのあたりを通ったら、うるさい車が一杯走ってました(笑

Sdsc07605御殿場ちょい手前でようやく富士山が姿を見せてくれました。
ここのコンビニでゆったり休憩。コンビニの度に飲んだり食ったり。

御殿場から長尾峠に向かう途中、駐車場あたりで謎の巨大な焚き火が!
なんかお焚き上げでもやってるのかな?
近くに見に行ったら凄まじい火の粉が降ってきて、ナイロンのアウターに小さな穴が!
あと降ってきた火の粉がネックウォーマーあたりでしばらくくすぶってたらしい。あぶない!火がついて火だるまにならなくてよかった。

長尾峠は御殿場側からは初なので、 どんなだろうと思ってたら全然きつくなくてよかった。
しかも車がほとんどこないんでゆったり走り放題。
しかし、またこんな緑の魔境・・・ロングライドいったときに、こんなところを走らなかった事がない(´∀`;)
でも4人だしライトビカビカだし全然余裕でした。
長尾峠の茶屋は相変わらずしまったまま。というかこの時期この時間にやってたらそれはそれで怖い。キツネが営業してんじゃないかと。元々閉店して久しいですけどねー
長尾峠も余裕で氷点下です。夜景は綺麗でしたが。

あとは小田原まで下るのみですが、またしても凍結警戒でブレーキしっぱなし。レバーに吸い取られる指の体温!とにかく末端が辛い。あと脚もほどよく寒かった。このままで300km完走出来るのかと心配になるレベル。

小田原のガストに逃げるように駆け込み、念願のご飯。
ここで、全員の士気だだ下がり(笑
もう寒さがあまりにもしんどくて、この先完走させるのが難しくなってきた。体力は全然いけるんだけど、もう精神的に無理。ガストのトイレは店内程暖房が入り込まないので、わずかにひやっとする。もうその空気だけで折れた心が更に折れる(笑
で、結局170kmくらいで中止。もうこれ以上いっても危ないし夜走っても面白くないし寒いし駄目だろうって感じで、やめた理由探しトーク(´∀`;)
とりあえず小田原に比較的近い友人らは自走で、そうでない自分ともう一人は輪行で帰る事に。いやもう距離走る理由なくなっちゃったんで(笑
自走で帰ってもいいけど、電車がなくなって完全自走フラグになってもう面倒になっちゃうし。折れた心ってのは弱い。実に弱い・・・
というか、もう寒いの駄目です。こんな時期に超ロングやるもんじゃないですねえ(^^;
ちゃんとやるのに適した時期ってのがありますね。ええ。
暖かかったら、余裕だったんだがなあ・・・あとはR1とR134と三浦半島だけだったんで。
つうかあれだけ走った感あったのに160km程度だっていうのが驚き。いつもならフンフンとこなす距離とメンバーなのに(;´д`)寒いってのはそれだけで何もしなくても体力を奪うんだなあ・・

でも、いろんな場所に一日で行っていろいろ見れたんで楽しかった。
寒くてめちゃくちゃしんどかったですけどね(^^;

前にも書いたけど、やっぱり長距離の後半は暗いし大変なだけだなあ(笑
日帰りロングツーリングは暖かい時期で180kmくらいが適当。

|

« オイラー | トップページ | またしてもリヤLEDネタ »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。