« Edge500:各種数値 | トップページ | Edge500距離計測検証 »

2010年1月 4日 (月)

箱根駅伝

去年は風邪引いていけなかったけど今年は体調もよく無事にいってこれた。
新年初ロングとしては申し分の無い行程。

早朝の気温は放射冷却でもう0度あたりできびしかったけど、それなりに防寒をしていったので、ほぼ問題ない寒さでした。

Sdsc03161
湘南のR134は神奈川で一番走りやすくて走ってて気持ちのいい道路だなあとしみじみ。
車多いけど、基本海の風が少し入り込んでてそれほど排気ガスが篭ったりはしないけど、さすがにダンプが横をガンガン通るとくさい。それはどこの道路も一緒なので、それなら基本走りやすいほうが全然いい。トラックもある程度飛ばしてれば低速時より排気ガスはマシだしね(゚∀゚)

Edge500とシマノPROの2台体制で行きましたが、やっぱりシマノPROの到着予想時刻はありがたい。Edge500に是非欲しい機能だ。

Sdsc03192
R1で箱根登ったけど、人と車が多くて辛いところがちらほら。特に宮ノ下あたりは凄まじい。
上りの時、友人のGIANTのフルカーボン+レーシングZEROに乗せてもらったんだが・・・

この構成なら、旧道でタイムあと7分は余裕で縮まると思った(;´д`)
これはズルイw 自転車はエンジンが全てというけれど、車体が軽ければ同出力でならさらに楽に走れるとなれば、軽くて固ければ申し分なさすぎる。
が、今そんな金は無し・・・(;´д`) 出せてもR80のリヤだけとかw
あんな性能差を体感しちゃうと、資本主義のバカヤローと夕日に向かって叫びたくなる(;´д`)
その分色々リスクを抱えたりもするので、全てにおいて万能ってことでもないですが、あの軽さにはシビれる憧れる。とりあえずじっくりと軽量化について考えてみよう。

芦ノ湖ついたらもう結構な人。コンビニで飯買って湖畔で食ってたら、もうゴールまで行く余裕がなくなってて、しょうがなくセブンイレブンの前で観戦。
今年は柏原が6人抜きの驚異的強さをまた発揮して先頭でセブンイレブン前を通過。それから3分くらい後続の選手が来ない件。
どんだけチートキャラだ。ゲームバランスを考えてくださいw

Sdsc03205
大観山から見る芦ノ湖と富士山は格別。箱根の超絶オススメポイントですね。

Sdsc03198
左に行けるものなら行きたい。

大観山から湯河原までは延々下り。ここはいつか反対側から登ってみたいけど上りっぱなしだからきつそう。

今回下りでホイールの安定性を試す事が出来たけど、やっぱりホイールバランス取ってあるものは安心感が相当違いますね。

帰りは湯河原→真鶴→早川→小田原→平塚でそのままR134にいかずにR1号を北上。結局途中で輪行することもなく自宅まで自走。
215km程でしたが、リュックが重くて肩が痛くなったくらいでケツや足にはほぼノーダメージ。

今年はまた300km乗りたいけど、その時は孤独な一人旅か、あるいは前に一緒に行った人とまた行くくらいになるかと。さすがに150kmくらいまでは今回一緒に行った友人ともいけるんですが、200km越えになると誘える人がグンと減るのが難点ですorz

で、今回のロングライドでサイコンに大きな差が出ました。
その差が一番顕著に出たのは走行距離。
Edge500では215km シマノPROでは210kmでした。
正直、5kmは誤差の範囲をちょっと越えてる気がします。
Edge500は、一時停止した時にガガっと距離が加算されていく現象がたびたびあるので、その度に距離が伸びていってしまうのではないかと。
オートポーズモードで、カスタムによりポーズ発動を2.4km/hほどに設定しているのですが、それが果たして関係あるのかどうか。
けど、実際のところ、シマノPROとEdge500のどちらが走行距離として正しかったのかはわかりません。一緒に持っていったHOLUXのGPSロガーの距離が217kmだったので、実はEdge500の方が正しいのかもしれません。
両サイコンともちゃんと周長測って入れてるんですけどね。

あと、精度の面で微妙に違いは出ました。

Hikaku
左がEdge500で右がHOLUX241です。実用上ほとんど遜色はないんですが、微妙にHOLUXのほうが精度は高いです。きっちり道をトレースしているのに対して、Edge500は若干線が乱れる部分があります。とはいえ、十分わかるくらいのレベルなのでほぼ問題はないかと。しかし、HOLUXのほうが付属アプリでの距離と高度の確認のしやすさや、写真とのリンク、地図画面の大きさなどが全然見やすいので、GPSの記録として残したい場合は別途持っていこうかなと思ってます。Edge500は地形に対してのケイデンスやHRのデータを重ねる事に意味があるので、それはそれでデータを見る時に使おうかと。余計な荷物が増えるのは好ましくないけれど。HOLUX241の付属アプリでEdge500のデータが見られれば別にいいんですけどねー・・・・

で、たまにEdge500に発生するというハングアップですが、今回は一度も発生しませんでした。
ハングアップすると、電源を切れなくなりますが、ボタンは実は生きていて、左の2つ右の右下ボタンの3つを同時押しすることでリブートが出きます。ただ、そうなるとログデータが破損するという報告があるので、もしそうなっちゃったら走行データは諦めたほうがいいかもしれません。

|

« Edge500:各種数値 | トップページ | Edge500距離計測検証 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。